• 本

コンビニ&スーパーの食品添加物は死も招く

マガジンランド新書 11

出版社名 マガジンランド
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-86546-218-0
4-86546-218-X
税込価格 980円
頁数・縦 246P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

加熱すると発ガン性物質に変わるアミノ酸。加工デンプンには不純物が隠されている。運転注意!グリシンで居眠り交通事故死の恐れ。タンパク質加水分解物にも発ガン性の原因あり。リン酸塩の過剰摂取は心臓病でぽっくりも…みんな知らずに食べている!

目次

第1章 弁当は危険がいっぱい!(食品添加物ってなんですか?
甘味料(合成甘味料)はアレルギーに注意! ほか)
第2章 おにぎりも危険がいっぱい!(直巻きおむすび『とり五目』
おにぎり『梅おかか』)
第3章 調理パン&ドリンクも安心できない!(人気の『ランチパック』
『ふわふわスフレ』 ほか)
第4章 食品添加物はなぜ問題なのか(なぜ添加物が使われるのか?
添加物の安全性は、試験で証明されていないのか? ほか)

著者紹介

小藪 浩二郎 (コヤブ コウジロウ)  
岡山県生まれ。岡山県立鳥城高校(夜間定時制)から香川大学農学部農芸化学科。九州大学大学院農学研究科修士課程農芸化学専攻(栄養化学講座)。京都大学薬学部研究生、静岡薬科大学薬学部研究生。製薬会社研究所研究員、医薬品、食品添加物の研究開発に携わる。医薬品、食品添加物等の安全性研究所主席研究員、遺伝毒性など担当。食品会社研究室室長、新製品の研究開発、品質管理などを兼任。現在、食品関係のコンサルタント、食品評論活動、講演会、勉強会の講師、調理製菓専門学校非常勤講師、食品メーカー顧問、食品関係会社特別顧問(品質管理等)等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)