• 本

人喰い ロックフェラー失踪事件

亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ 3−8

出版社名 亜紀書房
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-7505-1573-1
4-7505-1573-6
税込価格 2,750円
頁数・縦 431P 20cm

商品内容

要旨

一九六一年、大財閥の御曹司が消息を絶った。首狩り族の棲む熱帯の地で。全米を揺るがした未解決事件の真相に迫り、人類最大のタブーに挑む衝撃のノンフィクション!

おすすめコメント

全米一の権力者の息子は、首狩りの民に食べられてしまったのか?1961年11月、ネルソン・ロックフェラー(ニューヨーク州知事)の息子マイケルの乗るカヌーが、プリミティブアート収集の旅の途上、ニューギニア島沖で転覆した。マイケルは助けを求めに岸まで泳いでいったが、それきり消息を絶った。そこは「首狩り族」として知られるアスマット人が暮らす場所だった。マイケルは本当に喰われたのか? 何を求めて、危険な地へと旅立ったのか?現地民への直接取材を重ね、50年前の事件の謎に迫る、人類学ノンフィクション!

著者紹介

ホフマン,カール (ホフマン,カール)   Hoffman,Carl
1960年生まれ。アメリカのジャーナリスト。「ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー」の編集者。「アウトサイド」「スミソニアン」「ナショナル・ジオグラフィック・アドヴェンチャー」「ウォールストリート・ジャーナル」などの紙誌の仕事で75ヶ国以上の国を旅し、多くの旅行記を寄稿している。生まれも育ちもワシントンDCで、三児の父親である
奥野 克巳 (オクノ カツミ)  
1962年、滋賀県生まれ。立教大学異文化コミュニケーション学部教授。大学在学中にメキシコ先住民を単独訪問し、東南・南アジアを旅し、バングラデシュで仏僧になり、トルコ・クルディスタンを旅し、大卒後、商社勤務を経てインドネシアを一年間放浪後に文化人類学を専攻。一橋大学社会学研究科博士後期課程修了
古屋 美登里 (フルヤ ミドリ)  
神奈川県生まれ。早稲田大学卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)