• 本

ヤンキーと地元 解体屋、風俗経営者、ヤミ業者になった沖縄の若者たち

出版社名 筑摩書房
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-480-86465-9
4-480-86465-2
税込価格 1,980円
頁数・縦 302P 19cm

商品内容

要旨

生まれ故郷が嫌いだと吐き捨てるように言った、沖縄の若者。その出会いを原点に、沖縄での調査は始まった。生きていくために建設業や性風俗業、ヤミ仕事に就いた若者たち。10年以上にわたって、かれらとつき合ってきた社会学者の、かつてない記録の誕生!

目次

第1章 暴走族少年らとの出会い(広島から沖縄へ
拓哉との出会い ほか)
第2章 地元の建設会社(裕太たちとの出会い
沖組という建設会社 ほか)
第3章 性風俗店を経営する(セクキャバ「ルアン」と真奈
「何してでも、自分で稼げよ」―洋介の生活史 ほか)
第4章 地元を見切る(地元を見切って内地へ―勝也の生活史
鳶になる ほか)
第5章 アジトの仲間、そして家族(家出からアジトへ―良夫の生活史
「自分、親いないんっすよ」―良哉の生活史 ほか)

著者紹介

打越 正行 (ウチコシ マサユキ)  
1979年生まれ。社会学者。2016年、首都大学東京人文科学研究科にて博士号(社会学)を取得。現在、特定非営利活動法人社会理論・動態研究所研究員、沖縄国際大学南島文化研究所研究支援助手ならびに琉球大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)