• 本

象徴天皇という物語

岩波現代文庫 学術 404

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-00-600404-0
4-00-600404-4
税込価格 1,166円
頁数・縦 263P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

この曖昧な制度は、どう思想化されてきたのか。天皇制論の新たな地平を切り拓いた画期的論考が、新稿を加えて復活。

目次

神と人間のはざまに
1(象徴
全体意志
不親政
文化概念)
2(村の祭り
天皇霊)
象徴の涯てに
象徴天皇をめぐる祭祀のゆくえ

著者紹介

赤坂 憲雄 (アカサカ ノリオ)  
1953年、東京都生まれ。東京大学文学部卒。学習院大学教授・福島県立博物館館長。東北学を提唱し、1999年に雑誌『東北学』を創刊。2007年『岡本太郎の見た日本』(岩波書店)でドゥマゴ文学賞・芸術選奨文部科学大臣賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)