• 本

この人から受け継ぐもの

岩波現代文庫 文芸 305

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-00-602305-8
4-00-602305-7
税込価格 880円
頁数・縦 193P 15cm

商品内容

要旨

著者が深く関心を寄せた人物をめぐる講演・評論を収める。吉野作造の憲法・国家観、宮沢賢治にとってのユートピア、丸山眞男の戦争責任論、チェーホフの笑劇・喜劇…自らの知的好奇心と重ねつつ、それぞれの生き方と著作から「現代へのメッセージ」を読み取っていく。「むずかしいことをやさしく」解き明かす語り口は、著者ならではのもの。併せて、笑いの本質に迫るエッセイを収録する。

目次

1 憲法は政府への命令―吉野作造を読み返す(日清・日露戦争と大正デモクラシー
「立憲」を大きく、「君主」を小さく ほか)
2 ユートピアを求めて―宮沢賢治の歩んだ道(父との関係、うつ状態
日蓮宗、家出、躁状態 ほか)
3 戦争責任ということ―丸山眞男に私淑して(「一億総懴悔」と「御聖断」
天下に三つの会談記録 ほか)
4 笑劇・喜劇という方法―私のチェーホフ(滑稽小説家の登場
笑劇の方法 ほか)
5 笑いについて(ジョン・ウェルズの笑い
アリストテレスの笑い ほか)

著者紹介

井上 ひさし (イノウエ ヒサシ)  
1934年‐2010年。山形県東置賜郡小松町(現・川西町)に生れる。上智大学外国語学部フランス語科卒業。放送作家などを経て、作家・劇作家に。72年、『手鎖心中』で直木賞受賞。小説・戯曲・エッセイなど幅広い作品を発表する傍ら、「九条の会」呼びかけ人、日本ペンクラブ会長、仙台文学館館長なども務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)