• 本

植民地から建国へ 19世紀初頭まで

岩波新書 新赤版 1770 シリーズアメリカ合衆国史 1

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-00-431770-8
4-00-431770-3
税込価格 907円
頁数・縦 224,17P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

近代世界において強い光を放ち、また深い影を落としてもきたアメリカという国。最新の研究成果に基づき、一国史をこえる豊かな視座からその歩みを叙述する。第1巻は、先住民の世界から植民地期、独立革命と憲法制定、そして新共和国としての試練まで、初期アメリカの歴史像を、大西洋史や記憶史の知見もふまえ提示。

目次

第1章 近世大西洋世界の形成(先住民の世界
近世の始動
英領北米植民地の礎石
一三植民地の建設)
第2章 近世大西洋世界のなかの英領北米植民地―ヒト・モノ・カネ(英領北米植民地を見る眼―近代世界システムから大西洋史まで
イギリス第一帝国の人的システム―ヒト
重商主義体制と生活水準―モノ
貨幣が語る近世大西洋世界―カネ)
第3章 アメリカ独立革命の展開(先鋭化する対立
独立への道のり
独立戦争の展開と建国神話の生成
合衆国憲法の制定)
第4章 新共和国の試練(ワシントン政権と第一次政党制
アダムズとジェファソン
一八一二戦争)

おすすめコメント

最新の成果にもとづく通史。第一巻は建国期の歩みを、大西洋史や記憶史もふまえ叙述。(全四冊)

著者紹介

和田 光弘 (ワダ ミツヒロ)  
1961年、広島県生まれ。1989年、大阪大学大学院文学研究科博士後期課程退学。大阪大学文学部助手、追手門学院大学文学部講師、名古屋大学文学部助教授を経て、名古屋大学大学院人文学研究科教授。博士(文学)。専攻はアメリカ近世・近代史。著書『紫煙と帝国―アメリカ南部タバコ植民地の社会と経済』(名古屋大学出版会、第6回アメリカ学会清水博賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)