• 本

ゲーム理論入門の入門

岩波新書 新赤版 1775

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-00-431775-3
4-00-431775-4
税込価格 821円
頁数・縦 164P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

ゲーム理論とは、ある種の意思決定を人間が行った結果、何が起きるかを予測する理論だ。と言うと難しげに聞こえるが、実は単純明快、初学者でもすぐ使いこなせるようになる理論なのだ。相手の出方をどう読むか。社会経済問題の分析だけでなく、ビジネスの戦略決定にも必須の基礎知識を、新進気鋭の理論家があざやかに解説する。

目次

第1章 ゲーム理論とは―戦略的思考の理論
第2章 ナッシュ均衡―相手の動きを読め!
第3章 複数均衡の問題―どのナッシュ均衡?!
第4章 非存在の問題―ナッシュ均衡がない?!
第5章 完全情報ゲームと後ろ向き帰納法―将来のことから考える
第6章 不完全情報ゲームと完全ベイジアン均衡、そして前向き帰納法―過去について考える

おすすめコメント

相手の出方をどう読むか。ビジネスの戦略決定にも必須の基礎知識を、新進気鋭の理論家が解説する。

著者紹介

鎌田 雄一郎 (カマダ ユウイチロウ)  
1985年神奈川県生まれ。2007年東京大学農学部卒業、2012年ハーバード大学経済学博士課程修了(Ph.D.)。イェール大学ポスドク研究員を経て、2013年より、現在、カリフォルニア大学バークレー校ハース経営大学院助教授。専門は、ゲーム理論、政治経済学、マーケットデザイン、マーケティング(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)