• 本

忘れない味 「食べる」をめぐる27篇

出版社名 講談社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-06-515269-0
4-06-515269-0
税込価格 1,980円
頁数・縦 269P 20cm

商品内容

目次

天井からぶら下がっていたそば(佐野洋子)
歪ませないように(伊藤比呂美)
初めてのフェイジョアーダ(旦敬介)
白桃(野呂邦暢)
風琴と魚の町(林芙美子)
半ラーメンへの憎悪(町田康)
カタギの舌で味わう(深沢七郎)
胡瓜(鏑木清方)
すいかの匂い(江國香織)
チャカホイと軍人と女―“林芙美子”(野見山暁治)〔ほか〕

おすすめコメント

「食」は、日々の暮らしのこと。時空を超えてすべての人をつなげること。そして歴史や社会を映し出すもの。小説、エッセイ、詩歌、マンガなどのよりぬきの作品を通して、「食」の面白さと奥深さを照らすのと同時に、個々の作品の魅力を届ける文学アンソロジー。

著者紹介

平松 洋子 (ヒラマツ ヨウコ)  
エッセイスト。東京女子大学文理学部社会学科卒業。食文化や文芸を中心に執筆活動を行う。『買えない味』で第16回Bunkamuraドゥマゴ文学賞、『野蛮な読書』で第28回講談社エッセイ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)