• 本

1日3分脳とのどを鍛える音読落語

出版社名 幻冬舎
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-344-99233-7
4-344-99233-4
税込価格 1,320円
頁数・縦 103P 21cm

商品内容

要旨

「寿限無寿限無五劫の擦り切れ…」音読は、認知症やのどの病気の予防として効果があり、心にも良いと言われています。おなじみの落語の名文を声に出して読む、楽しみながら簡単にできる健康法です。音読×落語で、もっと健康に!

目次

第1部 言葉のリズムや響きを楽しむ(蝦蟇の油
時そば ほか)
第2部 滑舌をよくする長い台詞を楽しむ(真田小僧
ねずみ ほか)
第3部 声に出しながら情景を想像して楽しむ(道潅
猫の皿 ほか)
第4部 声を変えて登場人物の会話を楽しむ(三方一両損
青菜 ほか)
第5部 元気になる面白い噺・心に沁みる名作を楽しむ(饅頭こわい
天災 ほか)

著者紹介

山口 謠司 (ヤマグチ ヨウジ)  
1963年長崎県佐世保市生まれ。大東文化大学大学院、フランス国立高等研究院大学院を経て、大東文化大学准教授。専門分野は書誌学、音韻学、文献学。『日本語を作った男 上田万年とその時代』(集英社インターナショナル)で第29回和辻哲郎賞を受賞
柳家 三三 (ヤナギヤ サンザ)  
1974年神奈川県生まれ。落語家。柳家小三治一門の真打。平成19年度文化庁芸術祭大衆芸能部門新人賞、平成21年度国立演芸場花形演芸大賞など、受賞多数。映画や、漫画の落語監修なども行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)