• 本

財務会計の重要論点

出版社名 税務経理協会
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-419-06616-1
4-419-06616-4
税込価格 3,080円
頁数・縦 226P 21cm

商品内容

要旨

理念・基礎理論まで遡り解説した基本書。財務諸表がより深く理解できる。

目次

財務会計の機能と制度
概念フレームワーク
資産負債アプローチ
資産・負債の評価基準
財務諸表の体系
キャッシュ・フロー計算書
有価証券の時価会計
デリバティブとヘッジ会計
売上高の認識と測定
外貨建取引の換算
棚卸資産と固定資産の期末評価
退職給付の会計
純資産の部の構成項目
組織再編の会計
税金費用と税効果会計
会社法による配当規制
親会社説と経済的単一体説
会計基準の国際的統合

著者紹介

桜井 久勝 (サクライ ヒサカツ)  
1975年神戸大学経営学部を卒業し、同大学院へ進学。1977年公認会計士試験第3次試験に合格。1979年神戸大学助手、1993年教授、現在は関西学院大学商学部教授。博士(経営学)及び公認会計士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)