• 本

建設業法と建設業許可 行政書士による実務と解説

出版社名 日本評論社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-535-52366-1
4-535-52366-5
税込価格 2,376円
頁数・縦 262P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

判例、国土交通省回答、処分事例などを掲載。現場の声に応える待望の実務書!

目次

序章 建設業法の成立と沿革(建設業法の制定
建設業法の改正概要)
第1章 建設業許可制度(建設業の許可(法2条〜4条)
一般建設業の許可(法5条〜8条) ほか)
第2章 技術者制度(技術者制度とは
各種制度における技術者の位置づけ ほか)
第3章 請負契約(工事請負契約とは
法上の対等な立場と現実の元下関係 ほか)
第4章 建設業界の将来展望―建設産業政策2017+10から展望する(建設産業政策2017+10とは
建設産業政策2017+10の背景 ほか)