• 本

野球が教えてくれたこと

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-04-896114-1
4-04-896114-4
税込価格 1,485円
頁数・縦 270P 19cm

商品内容

要旨

「正しい」「正しくない」を決めつけるな。能力は「環境」から引っ張り出されるものである。人と較べるな。自分にしかなれない自分を探せ。失敗は「技術」でなく、「人間」の問題である。野球も仕事も、上達したければ他のものに学べ…名将・栗山英樹が50年の野球人生で得た学びとは。

目次

第1章 教え子に学ぶ(大谷翔平
中田翔 ほか)
第2章 高校野球に学ぶ(たとえ出場しなくても、甲子園には魔物が棲んでいる
高校野球の監督に本当の“プロ”を教えてもらった ほか)
第3章 恩師に学ぶ(家庭教育
高校野球)
第4章 挫折に学ぶ(大学野球
プロ野球)

おすすめコメント

すべてのヒントは「野球」にある!「近道が目的地に辿り着く道とは限らない」。プロ野球界の「教育者」、栗山英樹監督が野球から学んだ、人生を生きるヒント

著者紹介

栗山 英樹 (クリヤマ ヒデキ)  
1961年生まれ。1983年ドラフト外で、ヤクルトスワローズに入団。俊足巧打の外野手で、89年にはゴールデングラブ賞(外野手部門)を獲得。持病のメニエール病が悪化し、1990年シーズンを最後に現役引退。その後は野球解説者、スポーツキャスター、大学教授として活躍。2012年に北海道日本ハムファイターズ監督に就任。同年、監督1年目でパ・リーグ制覇。2016年は自身2度目のパ・リーグ制覇、初の日本一に輝く。同年、正力松太郎賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)