• 本

カラダのおくすり体操 弱った力別運動強度別に医師が処方! ぐんぐん動ける!

出版社名 ワニブックス
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-8470-9784-3
4-8470-9784-X
税込価格 1,430円
頁数・縦 127P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

一生現役で動き続けるためにはこれさえできればいい!

目次

第1章 あなたはどの力が弱っていますか?(日常動作がスムーズにできる「機能的なカラダ」とは?
「機能的なカラダ」を作るための7つの力
あなたに必要なおくすり体操は、この7つのうちどれ? ほか)
第2章 弱った力を強くする7つのおくすり体操(7つの力をつける「おくすり体操」のやり方と注意点
体操の前に、まずは呼吸から始めましょう
おくすり体操1「疲れずに立てる力」をつける ほか)
第3章 こんな力も強化したいプラスαのおくすり体操(プラスαのおくすり体操1「もれない力」をつける
プラスαのおくすり体操2「寝る力」をつける
プラスαのおくすり体操3「疲れない力」をつける)

おすすめコメント

こんなことはありませんか?・朝、腰が痛くて顔を洗えない・電車やバスの中で立っていると、転倒しそうになる・ひざが痛くて、早く歩けない・何もないところでつまずく・網棚に荷物を上げられない・和式トイレは、空いていても使わない 思い当たることがある方は、要注意。痛みや筋力低下が原因で「できない」ことが多くなると、病院でもらう「くすり」に頼りがちになります。ところが、足腰の痛みには必ず原因があり、たとえくすりで痛みが取れたとしても、それは症状を隠しただけで、本当に治ったわけではありません。飲みぐすりをやめたらまたすぐに痛みが出てくるようなら、一生くすりを飲み続けることになります。目指すべきは、毎日の暮らしの動作がスムーズに「できる」機能的なカラダ。生涯寝たきりにならず、自分の足で歩けるカラダを保つことです。一生、元気に動きたいというあなたのために、本書では、飲みぐすりの代わりに「おくすり体操」を処方します。医者に「運動しなさい」と言われたけれど、何から始めていいかわからない。そんな方も多いと思います。「おくすり体操」は、運動経験のない方、体力がない方、カラダがない方でもすぐに始められる簡単な動きばかり。運動強度のレベルも1〜3までありますので、レベル1から始めて、できるようになったらステップアップすればいいのです。いくつになっても元気でイキイキとしたくすりいらずの毎日を送れますように。ぜひ、今日から始めてください。 日常の動作が「できる」カラダは、基本的な7つの力に支えられています。あなたに必要なのはどの力を鍛えるための体操ですか?1.「疲れずに立てる力」をつける2.「歩ける力」をつける3.「上下にラクに動ける力」をつける4.「腕を上げられる力」をつける5. 「骨折しない力」をつける6. 「転ばない力」をつける7. 「痛まずに座れる力」をつける

著者紹介

中村 格子 (ナカムラ カクコ)  
整形外科医。医学博士。スポーツドクター。Dr.KAKUKOスポーツクリニック院長。横浜市立大学整形外科客員教授。日本オリンピック委員会(JOC)医・科学・情報専門委員会医学サポートスタッフ。日本体操協会専任メディカルスタッフ(新体操)。現役臨床整形外科医として25年以上のキャリアと、トップアスリートへの指導・治療の経験をもとに、健やかで美しいカラダをつくる独自のエクササイズを考案。テレビ・雑誌などのメディア出演、執筆、講演など幅広く活躍。多数の著書があり、著者累計は110万部を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)