• 本

日本の「老後」の正体

幻冬舎新書 た−23−1

出版社名 幻冬舎
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-344-98547-6
4-344-98547-8
税込価格 864円
頁数・縦 252P 18cm

商品内容

要旨

「日本は借金が1000兆円もあり、財政破綻は避けられない」「少子高齢化で経済成長も望めず、将来年金はもらえないだろう」―。これらの考えはすべて誤りだと著者は言う。「財政は破綻しないし、年金は確実にもらえる。だから年金の保険料を払わないと損をする!」そう主張する著者がその根拠を数字で具体的に解説。元財務官僚で、政治・経済の表と裏に精通した数量政策学者が、官僚やマスコミの嘘八百を暴くとともに、いま国民が将来の資産防衛のために為すべきことを説く。

目次

第1章 日本経済は本当に成長できないのか
第2章 なぜ日銀の政策はうまくいっていないのか
第3章 「国の借金1000兆円」はやっぱり嘘でした
第4章 「日本の年金が破綻する」もやっぱり嘘でした
第5章 老後の生活防衛・完全マニュアル
終章 なぜ国民に真実が伝わらないのか

おすすめコメント

「日本は借金が1000兆円もあり、財政破綻は避けられない」「少子高齢化で経済成長も望めず、将来年金はもらえないだろう」――。これらの考えはすべて誤りだと著者は言う。「財政は破綻しないし、年金は確実にもらえる。だから年金の保険料を払わないと損をする!」そう主張する著者の根拠を数字で具体的に解説。元財務官僚で、政治・経済の表と裏に精通した数量政策学者が、官僚やマスコミの嘘八百を暴くとともに、いま国民が将来の資産防衛のために為すべきことを説く。

著者紹介

〓橋 洋一 (タカハシ ヨウイチ)  
数量政策学者。嘉悦大学ビジネス創造学部教授、株式会社政策工房代表取締役会長。1955年東京都生まれ。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。80年に大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、内閣参事官(内閣総務官室)等を歴任。小泉内閣・第一次安倍内閣ではブレーンとして活躍し、数々の政策を提案・実現。2008年退官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)