• 本

「大伴家持の実母は丹生女王」説の提唱 「万葉歌人大伴家持の実母」を求めて ヒロ・コバヤシ『万葉集』一人旅

出版社名 創英社/三省堂書店
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-86659-048-6
4-86659-048-3
税込価格 2,420円
頁数・縦 402P 21cm

商品内容

目次

第1部 「大伴家持の実母は丹生女王」説の提唱
第2部 丹生女王が丹生王と呼ばれていた若い頃の交友関係
第3部 「大伴旅人の妻、大伴郎女と、今城王の母、大伴女郎は同一女性」説の検証
第4部 柿本人麻呂と皇族の関係〜柿本人麻呂の最晩年の考察
第5部 『万葉集』の完成に貢献した石川郎女と大原今城

著者紹介

小林 紘 (コバヤシ ヒロシ)  
1941年(昭和16)8月宮崎県宮崎市に生まれ、妻町(現、西都市)で育つ。1948年(昭和23)4月から宮崎県妻町の、町立妻小、妻中、県立妻高で学ぶ。1961年(昭和36)4月東京大学理一類に入学。1965年(昭和40)3月東京大学工学部工業化学科分析専修卒業。1965年(昭和40)4月旭化成工業株式会社入社。以降、研究開発部門に所属し、研究所で主として企画、開発プロジェクトに従事。1996年(平成8)9月55歳で円満退社。その年の10月、旭化成の子会社「アミダス(株)社」と業務契約。自宅でJCST委託業務(英論文の日本語抄録の作成)開始。2013年(平成25)3月契約終了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)