• 本

知ってはいけない薬のカラクリ

小学館新書 344

出版社名 小学館
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-09-825344-9
4-09-825344-5
税込価格 880円
頁数・縦 222P 18cm

商品内容

要旨

「あなたのツライ症状にすぐ効く、よく効く」―かぜや花粉症の市販薬のコマーシャルはよく目にするのに、医者が処方する薬のCMがないのはなぜか?かかりつけの医者は、どんな基準でどのようにあなたの薬を選んでいるのだろうか?副作用のある薬を一服する前に、「薬のカラクリ」の一読を。

目次

第1章 医者は食事接待で処方箋を決める(毒も薬も医者次第
患者が知らない薬のコマーシャル ほか)
第2章 大学教授は製薬会社の“広告塔”である(薬の処方には偏りがある
不利な研究結果は公表されない ほか)
第3章 飲むべきか、飲まざるべきか、それが問題だ(クスリとはリスクである
薬をいつから使い始めたのか ほか)
第4章 「不都合な真実」はデータによって暴かれた(データ主義で医療が変わる
患者が医者をデータで選ぶ時代に ほか)
第5章 あなたの主治医はいくらもらっている?(インターネットで気軽に検索できる
東大と朝日新聞は似ている ほか)

おすすめコメント

現役医師が明かす”不都合な真実    「あなたのツライ症状にすぐ効く、よく効く」――かぜや花粉症の市販薬のコマーシャルはよく目にするのに、医者が処方する薬のCMがないのはなぜか? 実はその問いこそが、「知ってはいけない薬のカラクリ」のヒントになる。 製薬会社は処方薬について、患者向けにCMを打つのではなく、医者向けのPRや説明会を繰り返す。処方薬を決めるのは患者ではなく、医者だからだ。 そしてそこから、医者と製薬会社の癒着関係が発生する。「2000円の接待弁当」「50万円の講演謝礼」など、患者に見えない場所で、多くの医者は製薬会社から金銭を受け取っているのだ。 本当に医者はあなたのためにその薬を選んでいるのかーーこれまでベールに包まれてきた「白い巨塔の金脈」を、現役の医師がすべてバラす。   副作用のある薬を飲む前に「薬のカラクリ」の一読を。

出版社・メーカーコメント

現役医師が明かす”不都合な真実「あなたのツライ症状にすぐ効く、よく効く」――かぜや花粉症の市販薬のコマーシャルはよく目にするのに、医者が処方する薬のCMがないのはなぜか?実はその問いこそが、「知ってはいけない薬のカラクリ」のヒントになる。製薬会社は処方薬について、患者向けにCMを打つのではなく、医者向けのPRや説明会を繰り返す。処方薬を決めるのは患者ではなく、医者だからだ。そしてそこから、医者と製薬会社の癒着関係が発生する。「2000円の接待弁当」「50万円の講演謝礼」など、患者に見えない場所で、多くの医者は製薬会社から金銭を受け取っているのだ。本当に医者はあなたのためにその薬を選んでいるのかーーこれまでベールに包まれてきた「白い巨塔の金脈」を、現役の医師がすべてバラす。副作用のある薬を飲む前に「薬のカラクリ」の一読を。■内容・製薬会社は「高級弁当」付き説明会をひらく・衝撃論文「食事接待が処方を決める」・薬の値段は適当に決められる・製薬マネーは薬価の算定委員にも渡る・医師の副収入は最高額で2900万円・「処方しないぞ」と寄付金要求・専門医資格は”資格ビジネス”になっているほか

著者紹介

谷本 哲也 (タニモト テツヤ)  
1972年、石川県生まれ。鳥取県育ち。1997年、九州大学医学部卒業。内科医。探査ジャーナリズムNGO・ワセダクロニクルと医療ガバナンス研究所の共同プロジェクトである、マネーデータベース「製薬会社と医師」に参加。診療業務のほか、『ニューイングランド・ジャーナル(NEJM)』や『ランセット』、『米国医師会雑誌(JAMA)』などでの発表にも取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)