• 本

現代に生きるファシズム

小学館新書 345

出版社名 小学館
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-09-825345-6
4-09-825345-3
税込価格 924円
頁数・縦 285P 18cm

商品内容

要旨

資本主義が崩壊し格差の広がった現代。各国指導者は再びファシズムに手を染めようとしている。それはバラバラになった個人を束ねる劇薬だ。効能バツグン、だからあぶない。しかし、日本人はあまりに無防備だ。多くがファシズムを独裁や全体主義と混同している。元外務省主任分析官・佐藤優と『未完のファシズム』著者・片山杜秀による白熱対談。「知」を武装し、来たるべき時代を正しく恐れよ!

目次

序章 感化する力
第1章 ファシズムは悪なのか―イタリアファシズムの起源を辿って
第2章 「持たざる国」に生きる天皇制―朝鮮出兵・明治維新・日露戦争
第3章 玉砕思想が生まれるまで―皇道派対統制派・陸軍対海軍
第4章 24時間戦えますか―高度経済成長という幻想
第5章 未完の新自由主義―21世紀を生き抜くために
番外編 文学が映し出すディストピア

出版社・メーカーコメント

20世紀最強の劇薬を世界は再び飲みこんだ効能バツグン、だからあぶない、やめられない。20世紀の劇薬ファシズムを「正しく恐れる」ための白熱対談!◎“産みの親”ムッソリーニは何した人?◎ヒトラーは日本人を蔑んでいた?◎戦前日本でファシズムが「未完」に終わった理由。◎官僚制と折り合いがいいのはなぜ?◎ジブリ映画『風立ちぬ』に隠されたファシズム。◎安倍政権はファシズムなのか? 日本人にとってファシズムは、ヒトラーのナチズムだけでなく、民族主義や純血主義、全体主義、ナショナリズム、独裁などとも混同されてしまっている――佐藤優いまの時代は石原完爾風にいえば「資本主義最終危機」。ファシズムの本当の出番はこれからだ――片山杜秀

著者紹介

佐藤 優 (サトウ マサル)  
1960年、東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。『自壊する帝国』にて大宅賞、新潮ドキュメント賞受賞
片山 杜秀 (カタヤマ モリヒデ)  
1963年、宮城県生まれ。思想史研究者、音楽評論家。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。『未完のファシズム』にて司馬遼太郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)