• 本

ダーウィンの「種の起源」 はじめての進化論

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-00-112678-5
4-00-112678-8
税込価格 2,530円
頁数・縦 〔56P〕 29cm

商品内容

要旨

なぜ生きものは環境にあわせて、さまざまな見かけや性質を身につけることができるのか。ある生きものが絶滅して、ある生きものが生き残るのはなぜか―生命の「なぜ」を説明した、ダーウィンの名高い本を美しい絵と文章でわかりやすく語りなおしました。はじめて“進化論”に出会う子どもから大人まで、だれもが楽しめる科学絵本です。

おすすめコメント

世界を変えたダーウィンの名著を,美しい絵と文章でわかりやすく語りなおした、すべての人のための科学絵本.

著者紹介

ラデヴァ,サビーナ (ラデヴァ,サビーナ)   Radeva,Sabina
英国ロンドンではたらくグラフィック・デザイナーおよびイラストレーター。ドイツのマックス・プランク研究所で分子生物学を学んだのち、2009年に科学の世界を離れて芸術家になることをきめ、イラストの勉強をはじめる。科学とアートをむすびつけるような仕事に情熱をかたむけている。はじめての作品『ダーウィンの「種の起源」―はじめての進化論』は、発表後、世界じゅうでたちまち話題となる
福岡 伸一 (フクオカ シンイチ)  
生物学者。1959年東京生まれ、京都大学卒。少年時代の虫好きが嵩じて生物学の道に進む。米国ハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授などを経て、青山学院大学教授・米国ロックフェラー大学客員教授。“生命とは何か”を動的平衡論から問い直した著作を数多く発表。翻訳書も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)