• 本

はじめての課題解決型プロジェクト 大学生のためのキャリアデザイン

出版社名 ミネルヴァ書房
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-623-08488-3
4-623-08488-4
税込価格 2,200円
頁数・縦 133P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

キャリア教育やキャリア支援がさまざまな形で実施されているなか、プロジェクト型学習(PBL)を始める大学生のために問題解決までの流れをできるだけわかりやすくまとめました。“理論編”PBLとキャリア教育のかかわりについて解説。“実践編”プロジェクトを進める流れを分解し、順を追って実行する際のポイントをワーク形式で実践的に学ぶ。番外編ではチームづくりやビジネスマナーも取り上げ、巻末には大阪労働協会Ai‐SPEC(アイスペック)の主催する「実践型課題解決プロジェクト」で最終選考会に残ったチームの実践事例も紹介しています。

目次

第1部 PBL理論編(キャリア教育とPBL
社会で必要な能力とPBLで伸びる力
PBLとは何か)
第2部 PBL実践編(課題解決の流れとは?
課題の整理
情報収集
課題の分析
課題の解決策を考える
行動計画の立案と実践
プレゼンテーションの準備
リハーサル
振り返り
番外編1 チームづくり
番外編2 依頼元を訪問する際のマナー)

著者紹介

松田 剛典 (マツダ タカノリ)  
一般社団法人キャリアラボ代表理事
佐伯 勇 (サエキ イサム)  
甲南女子大学人間科学部文化社会学科教授
木村 亮介 (キムラ リョウスケ)  
和歌山大学クロスカル教育機構講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)