• 本

公正から問う近代日本史

出版社名 吉田書店
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-905497-74-5
4-905497-74-4
税込価格 5,280円
頁数・縦 559P 20cm

商品内容

目次

第1部 経済と制度(近代日本の国有林野経営の展開と私権的利用の意義―秋田営林局管内の町村を事例にして
公正な自然資源の開発と戦前日本の工業化―河川の電源開発の事例を中心に ほか)
第2部 政治と外交(昭和戦前期の官僚人事システムにおける「公正」―内務省土木系技術官僚を中心に
近代日本外交における公正―第一次世界大戦前後の転換を中心に ほか)
第3部 地域と民衆(「医は仁術」のゆくえ―一九世紀東京の医師と施療
明治期における監獄の経済史的位置づけ―監獄作業の実態と公正性をめ諸問題 ほか)
第4部 思想と学説(福澤諭吉の徴兵論・再考
穂積八束と岡村司―自由の重さの耐え難さ ほか)

著者紹介

佐藤 健太郎 (サトウ ケンタロウ)  
千葉大学大学院社会科学研究院准教授。1976年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了、博士(法学)
荻山 正浩 (オギヤマ マサヒロ)  
千葉大学大学院社会科学研究院教授。1969年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了、博士(経済学)
山口 道弘 (ヤマグチ ミチヒロ)  
千葉大学大学院社会科学研究院准教授。1979年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了、博士(法学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)