• 本

チョムスキーと言語脳科学

インターナショナル新書 037

出版社名 集英社インターナショナル
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-7976-8037-9
4-7976-8037-7
税込価格 929円
頁数・縦 249P 18cm

商品内容

要旨

脳科学が人類最大の謎に挑む―。すべての自然言語には共通の基盤があり、言語機能は生得的だとする「生成文法理論」は正しいのか。言語研究の「革命」を告げるチョムスキー著『統辞構造論』を詳しく解説し、生成文法理論の核心となる“文法中枢”が脳内に存在することを、言語脳科学の実証実験によって明らかにする!

目次

序章 「世界で最も誤解されている偉人」ノーム・チョムスキー(ダーウィンやアインシュタインと並ぶ革新性
文系の言語学を「サイエンス」にしたゆえの摩擦 ほか)
第1章 チョムスキー理論の革新性(言語学も古代ギリシャで始まった
チョムスキーが出会った言語学 ほか)
第2章 『統辞構造論』を読む(三つの論文を凝縮した『統辞構造論』
言語研究の「革命」開始を告げる記念碑的著作 ほか)
第3章 脳科学で実証する生成文法の企て(文法装置としての脳
言語を扱う人工知能の難しさ ほか)
最終章 言語の自然法則を求めて(論争を超えて
一元論を受け入れにくい文系の学問 ほか)

おすすめコメント

「言葉と脳」の研究で今最も注目される著者が、議論かまびすしいチョムスキーの言語理論に迫る! 子どもが楽々と言葉を身につけられるのはなぜか?第二言語の習得が難しいのはどうしてか?人工知能が言語をうまく扱えない本当の理由ーー。チョムスキーの理論を言語脳科学で実証し数々の謎が明らかに! すべての自然言語の基盤には共通の特徴があり、言語能力は生得的なものであるとする「生成文法理論」は果たして正しいのか。その答えに脳科学で迫る! チョムスキーの理論の原点であり言語研究の革命ともいえる著作『統辞構造論』の内容を詳細にひもとき、厳密な実証実験により脳科学が言語の謎を解き明かす。

著者紹介

酒井 邦嘉 (サカイ クニヨシ)  
言語脳科学者。1964年生まれ。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。1996年マサチューセッツ工科大学客員研究員を経て、2012年より、東京大学大学院教授。第56回毎日出版文化賞、第19回塚原仲晃記念賞受賞。脳機能イメージングなどの先端的手法を駆使し、人間にしかない言語や創造的な能力の解明に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)