• 本

困ったときの有機化学 下

第2版

出版社名 化学同人
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-7598-1946-5
4-7598-1946-0
税込価格 2,970円
頁数・縦 365P 26cm
シリーズ名 困ったときの有機化学

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

1章 芳香族性
2章 IR分光法
3章 NMR分光法
4章 芳香族求電子置換反応
5章 芳香族求核置換反応
6章 ケトンとアルデヒド
7章 カルボン酸誘導体
8章 エノールとエノラート
9章 アミン
10章 ディールス‐アルダー反応

おすすめコメント

翻訳が望まれていた『困ったときの有機化学』の続編が、ついに刊行。わからなくなった学生さんのお助け本という前編のポリシーはそのままに、有機化学の講義の後半にあたる内容を、懇切丁寧に教える。本書では、分光法や反応機構を中心に解説。この2冊で勉強すれば、こじらせた有機化学も怖くない!

著者紹介

クライン,D.R. (クライン,D.R.)   Klein,David R.
ジョンズ・ホプキンズ大学化学科上級講師。有機化学を教える
竹内 敬人 (タケウチ ヨシト)  
1934年、東京都に生まれる。1960年、東京大学教養学部教養学科卒業。現在、東京大学名誉教授、神奈川大学名誉教授。専門は有機合成化学、物理有機化学、理学博士
山口 和夫 (ヤマグチ カズオ)  
1951年、東京都に生まれる。1976年、東京工業大学大学院理学研究科修士課程化学専攻修了。現在、神奈川大学理学部化学科教授。専門は生物有機化学、高分子化学。理学博士
木原 伸浩 (キハラ ノブヒロ)  
1963年、宮城県に生まれる。1988年、東京大学大学院工学系研究科合成化学専攻修士課程修了。現在、神奈川大学理学部化学科教授。専門は有機化学、高分子化学。博士(工学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)