• 本

蝉脱の検察官

出版社名 法学書院
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-587-23058-6
4-587-23058-8
税込価格 2,750円
頁数・縦 222P 20cm

商品内容

要旨

法曹三者の中でとかく敵(かたき)役にされがちな検察官にスポットライトを当て、検察官制度とその課題・改革点を提起し、更に検察官の人間像を描いた意欲作!

目次

序章 検察官の役割
第1章 検察官制度の発展の歴史
第2章 検察独自捜査等の歴史的主要事件
第3章 小説・演劇等で描かれる「検察官」像
第4章 ひとつの検察官像
第5章 「検察官」の在り方と新制度導入の中での未来志向の検察
終章 人間検察官として

著者紹介

加藤 康榮 (カトウ ヤスエイ)  
1973年4月検事に任官後、横浜地方検察庁等の勤務を経て東京地方検察庁特捜部検事、法務省法務総合研究所教官・研修部長、東京高等検察庁検事、千葉地方検察庁刑事部長、広島法務局長、最高検察庁検事等を歴任し、2000年3月退官後は、公即人を経て、2004年4月から日本大学法科大学院研究科教授・科長を務め、2015年3月同退職。法務省法務総合研究所・犯罪白書委員会委員、(財)日本刑事政策研究会・読売新聞社共催の懸賞論文審査委員歴任。現在弁護士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)