• 本

密告はうたう 警視庁監察ファイル

実業之日本社文庫 い13−1

出版社名 実業之日本社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-408-55470-9
4-408-55470-7
税込価格 754円
頁数・縦 339P 16cm

商品内容

要旨

警察職員の不正を取り締まる部署、警視庁人事一課監察係に所属する佐良は、元同僚で、現在は運転免許試験場に勤務する皆口菜子の監察を命じられた。彼女が免許証データを売っていると、内部からの密告があったのだ。佐良は、上司とともに皆口の尾行を始めるが、やがて自らも関わった未解決事件との接点が…実力派の俊英が放つ警察ミステリー!

おすすめコメント

元同僚のデータ不正流出をめぐる密告は真実なのか――警察内部の犯罪を追う警視庁監察係の奮闘を描く、骨太の警察ミステリー!

著者紹介

伊兼 源太郎 (イガネ ゲンタロウ)  
1978年東京都生まれ。上智大学法学部卒業。新聞社勤務を経て、2013年に『見えざる網』で第33回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)