• 本

ぼくの週プロ青春記 90年代プロレス全盛期と、その真実

朝日文庫 こ40−5

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-02-261965-5
4-02-261965-1
税込価格 990円
頁数・縦 397P 15cm

商品内容

要旨

なぜ1冊の週刊誌が業界をリードし、読者からの絶大な信頼のもと毎号数十万部を売り上げ、そして、崩壊したのか?闘っていたのはレスラーだけじゃない!『週刊プロレス』に青春を捧げた元記者による“平成ノンフィクション”。

目次

第1章 苦戦の修業時代 1987.12.27‐1989.12.10
第2章 富兵と貧者と妖精と 1990.1.2‐1991.12.9
第3章 されど毀れた日々 1992.2.9‐1993.1.1
第4章 インディー百花繚乱 1993.2.16‐1994.11.20
第5章 夢の懸け橋 1995.1.5‐1996.3.31
第6章 宴のあと 1996.4.1‐1996.8.31

おすすめコメント

なぜ一冊の週刊誌が業界をリードし、読者からの絶大な信頼のもと毎号60万部を売り上げたのか? そして崩壊していったのか? 闘っていたのはレスラーだけじゃない。「週刊プロレス」に青春を捧げた元記者による”平成ノンフィクション”。

著者紹介

小島 和宏 (コジマ カズヒロ)  
1968年茨城県生まれ。ライター、編集者。89年、二松學舎大学在学中に「週刊プロレス」の記者となる。8年間の記者生活ののち、スカイパーフェクTV!を経て、現在に至る。2010年ごろからアイドルに関する執筆活動を本格化させ、2012年からはももいろクローバーZの「公式記者」として取材にあたっている。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)