• 本

がんからの脱出

出版社名 モッツコーポレーション
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-88546-355-6
4-88546-355-6
税込価格 1,728円
頁数・縦 207P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

がん患者年100万人38万人が死亡。術後12年を生き続ける現役ジャーナリストの叫び。天然素材の健康食品に延命力あり!

目次

はじめに マスコミ人生60年の断片
第1部(がんからの脱出
相澤雄一郎コラム
松田忍先生へインタビュー
がん患者の選択ブログ
野球少年だった―)
第2部(マスコミ人生60年
日刊ゲンダイ特別連載 マスコミ人生60年豪傑列伝)

著者紹介

相澤 雄一郎 (アイザワ ユウイチロウ)  
秋田高校、東北大学文学部社会学科卒。1958年4月、河北新報社入社。1980年、石巻総局長、地域新聞「石巻かほく」創刊。1984年4月、編集局報道部長。1991年4月、編集局長。1994年3月、取締役編集・論説・情報担当。1996年3月、常務取締役。1997年3月、三陸河北新報社社長兼務。1999年3月、本社定年退社、三陸河北新報社社長専任。2003年3月、退任。2002年6月石巻コミュニティ放送(ラジオ石巻)社長。2011年2月、退任、取締役相談役。2006年11月、清水暖喜会長の後を受けて東北大学社会学同窓会長になる。「新明正道記念国際交流奨励賞」の創設が承認された。2007年の東北大学創立100周年を支援する財団法人東北大学研究教育振興財団(西澤潤一理事長)の常務理事・広報委員長を6年間務め、百周年記念会館川内萩ホール建設、東北大学基金創設支援などに参画。2010年3月、法人解散。フリージャーナリスト。仙台秋田県人会副会長、秋田高校同窓会仙台支部顧問など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)