• 本

実践顧客起点マーケティング たった一人の分析から事業は成長する

MarkeZine BOOKS

出版社名 翔泳社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-7981-6007-8
4-7981-6007-5
税込価格 2,200円
頁数・縦 239P 21cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

顧客のニーズやウォンツ、あるいは自社の商品やブランドの認知度やそれが購買に結びついているかを探るのは、マーケティングの基本と言っていい。だが、ここで言う「顧客」を“平均”や“最大公約数”で捉えていては、他社と差別化できる独創的なアイデアは浮かびづらいだろう。本書が説く「顧客起点マーケティング」が着目するのは、多数の顧客の平均や最大公約数ではなく、「一人の顧客」が求めているものの核心にいかに迫るかである。著者はスマートニュース執行役員でマーケティングを担当。これまでP&Gジャパン、ロート製薬などでマーケターとして活躍後、ロクシタンジャポン代表取締役を務めてきた。その経験の中から生み出した手法は非常にシンプルだ。顧客をセグメントに分け、それぞれのセグメントから「一人」を選び、詳細に話を聞く。その中から、マーケティング・アイデアに結びつくアイデアを見出していく。そのために認知度や購買頻度で五つに分ける「5セグマップ(顧客ピラミッド)」、それらに「次もそのブランドを選ぶか」という「ブランド選好」の軸を加えた「9セグマップ」というフレームワークを用いる。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2019年5月17日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

1000人より1人の顧客を知ればいい。P&G、ロート製薬、ロクシタンを経て「スマートニュース」をアプリランキングで100位圏外からNo.1へ伸ばした著者が確立した「顧客ピラミッド」「9セグマップ」「N1分析」を全公開。

目次

序章 顧客起点マーケティングの全体像
第1章 マーケティングの「アイデア」とN1の意味
第2章 基礎編 顧客ピラミッドで基本的なマーケティング戦略を構築する
第3章 応用編 9セグマップ分析で販売促進とブランディングを両立する
第4章 ケーススタディ スマートニュースのN1分析とアイデア創出
第5章 デジタル時代の顧客分析の重要性

おすすめコメント

たった一人の顧客分析から事業は成長する。P&G出身の著者が25年の実務家経験で培ったマーケティングノウハウを惜しみなく公開。

著者紹介

西口 一希 (ニシグチ カズキ)  
スマートニュース執行役員マーケティング担当(Senior Vice President of Marketing Japan and USA)。1990年大阪大学経済学部卒業後、P&Gジャパンに入社。マーケティング本部に所属、ブランドマネージャー、マーケティングディレクターを歴任し、パンパース、パンテーン、プリングルズ、ヴィダルサスーン等を担当。2006年ロート製薬に入社、執行役員マーケティング本部長としてスキンケア、医薬品、目薬など60以上のブランドを担当。2015年ロクシタンジャポン代表取締役。2016年にロクシタングループ過去最高利益達成に貢献し、アジア人初のグローバルエグゼクティブコミッティメンバーに選出、その後ロクシタン社外取締役戦略顧問。2017年にスマートニュースに参画。2019年現在スマートニュース日本および米国のマーケティング担当、執行役員(Senior Vice President of Marketing Japan and USA)およびStrategy Partners代表取締役、Marketing Force代表取締役(共同代表)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)