• 本

隠密道中 長編時代小説 闇御庭番 2

光文社文庫 は28−15 光文社時代小説文庫

出版社名 光文社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-334-77838-5
4-334-77838-0
税込価格 748円
頁数・縦 310P 16cm

商品内容

要旨

老中水野忠邦と目付鳥居耀蔵の悪政を正すべく将軍家慶の「闇御庭番」となった菅沼外記。卑劣な「三方領知替」の計画を実現させようと庄内藩に隠密を放った水野らの企みを阻止すべく、家慶の命を受けた外記らは芭蕉の『おくのほそ道』を辿る旅に出る。道中、隠密たちとの攻防と知恵比べの果てに、酒田湊でついに決戦!時代小説の醍醐味が詰まったシリーズ第二弾。

おすすめコメント

闇御庭番と犬の「ばつ」が陰謀に挑む!4カ月連続刊行、シリーズ第2弾!

著者紹介

早見 俊 (ハヤミ シュン)  
1961年、岐阜県岐阜市に生まれる。法政大学経営学部卒。会社員を経て作家活動に入る。「居眠り同心 影御用」(二見時代小説文庫)、「佃島用心棒日誌」(角川文庫)両シリーズで、第6回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。『うつけ世に立つ 岐阜信長譜』(徳間書店)にて、第23回中山義秀文学賞にノミネート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)