• 本

誰の味方でもありません

新潮新書 810

出版社名 新潮社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-10-610810-5
4-10-610810-0
税込価格 864円
頁数・縦 253P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

炎上したいわけではない。でも、つい言いたくなる。みんなが当然のように信じている価値観や正論って、本当にただしいのだろうか、と。いつの時代も結局見た目が9割だし、観光名所はインスタの写真に勝てないし、血がつながっているから家族を愛せるわけじゃない。“目から鱗”の指摘から独自のライフハックまで、メディアや小説など多方面で活躍する著者が「誰の味方でもない」独自の視点を提示する。

目次

第1章 炎上したいわけではありません(みんな乙武さんがうらやましかったのか
東京に人を呼ぶには
観光客として日々を過ごす ほか)
第2章 意外と悪くありません(テレビは意外と面白い
読解力より文章力を磨いたらどうか
「疑似的な出自」を気にする社会 ほか)
第3章 誰の味方でもありません(「HINOMARU」批判は空疎だ
大阪で地震に遭遇した
会うことは無駄ではない ほか)

おすすめコメント

なぜ炎上しても、言いたいことを言い続けられるのか。多方面で活躍する著者が独自の目線で綴る、痛快エッセイにして現代社会論。

著者紹介

古市 憲寿 (フルイチ ノリトシ)  
1985(昭和60)年東京都生まれ。社会学者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。日本学術振興会「育志賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)