• 本

問い続ける力

ちくま新書 1399

出版社名 筑摩書房
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-480-07220-7
4-480-07220-9
税込価格 950円
頁数・縦 286P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

優れたイノベーターや研究者、アスリートは、与えられた課題に取り組むだけでなく、自ら「問い」を立てて考え行動する。しかもそれを継続することで成果を上げ、名声を得ているのではないか。つまり「問い続ける力」こそが新たな道を切り拓くのだとすれば、それはいかにして身に付けられるのだろうか。本書では、「問い」とは何かを考察した上で、さまざまな分野の9人の「問い続ける」達人たち(長沼伸一郎氏、出口治明氏、御立尚資氏、寺西重郎氏、岩佐文夫氏、若林恵氏、二村ヒトシ氏、松嶋啓介氏、松王政浩氏)へのインタビューなどをもとに、問い続けて成果を上げるには、どうすればいいかを探っている。キーとなるのは「小さな問い」を立てることだという。著者は予防医学者で、予防医学、行動科学、計算創造学などが専門分野。東京大学卒業後、ハーバード大学公衆衛生大学院を修了。「人がよりよく生きるとは何か」をテーマに、企業や大学と学際的研究を行なっている。なお、本ダイジェストでは、インタビューのパートは割愛し、著者の論説を主に取り上げた。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2019年5月14日]

商品内容

要旨

「自分で考えなさい」―誰もが一度は言われたことがある言葉だろう。でも、何をどう考えたらいいのか?そこで、様々な分野で突出している達人、9人のもとをたずねて聞いてみた。「どんなことを考えてますか?」時代、社会、文化、アート、性、経済、人間とAI…、問い続け、考える達人たちとの縦横無尽の対話は深く、広く、「Think Different」のヒントにあふれている。

目次

第1部 「問い」を問う(ぼくらのグランド・チャレンジ
問いの本質―演繹と帰納
イノベーションを生み出す問い
「信じる」ことの効用
偉大な研究者の共通点
どこから考え始めるか
考えるとは何か?
戦争と平和)
第2部 問い続ける達人たち(長沼伸一郎―考えるとは何か?
出口治明―時代とは何か?
御立尚資―大局観とは何か?
寺西重郎―日本的資本主義とは何か?
岩佐文夫―直観とは何か?
若林恵―文化とは何か?
二村ヒトシ―性とは何か?
松嶋啓介―アートとは何か?)

著者紹介

石川 善樹 (イシカワ ヨシキ)  
予防医学者。1981年広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士(医学)取得。「人がよりよく生きる(Well‐being)とは何か」をテーマに、企業や大学と学際的研究を行う。専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)