• 本

地銀波乱

日経プレミアシリーズ 398

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-532-26398-0
4-532-26398-0
税込価格 918円
頁数・縦 229P 18cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

2018年に発覚し世間を騒がしたスルガ銀行の不正融資―しかし、それは氷山の一角に過ぎない。全国にある106の地方銀行の多くは連続した赤字に苦しんでいる。暴走するアパートローン、「不良債券」という名の爆弾、人材の枯渇、モラトリアム法の負の遺産…行き詰まる地銀に活路はあるのか?日経記者が総力を挙げて取材する。

目次

第1章 迫り来る「地銀廃業」時代
第2章 「優等生」スルガ銀行の背信
第3章 暴走するアパートローン
第4章 モラトリアム法の負の遺産
第5章 抱えた「不良債券」爆弾
第6章 人材枯渇の危機
第7章 活路は草の根金融に

おすすめコメント

アパートローン暴走、行員の不正、無理な融資拡大、囁かれる経営不安――地方銀行の現場で何が起きているのか日経記者が明らかに。