• 本

少子化する世界

日経プレミアシリーズ 401

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-532-26401-7
4-532-26401-4
税込価格 918円
頁数・縦 263P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

日本において少子化が著しく進行中であることは、言を俟たない。だが、その対策が着々と進められているとは思えないのではないか。一方、世界に目を向けると、アジア・アフリカで人口増となるかたわら、欧州でも少子高齢化が進み、人口減少時代に突入しようとしている。その対策はどうなっているのか。日本と世界(主に欧州)の少子化、人口減少をテーマとする本書は、世界全体の人口動態を概観した上で、フランス、ドイツ、イギリス、スウェーデンといった欧州の先進国の「少子化」とその対策をリポート。それらを踏まえて、日本が少子化にいかに向き合っていくべきかを探っている。とりわけ、ダイジェストでも取り上げたフランスは、3年連続でダウンしたものの、依然として高水準の出生率を維持する、少子化対策の優等生である。日本の対策にも大事な示唆を与えてくれる事例だ。著者は、日本総合研究所創発戦略センターシニアマネジャーで、専門分野は気候変動と金融、SDGs、子どもの参加論。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2019年5月17日]

商品内容

要旨

2100年までの世界の人口の推計データを眺めると、少子化は一部の国で急速に進み、平均寿命の伸びとともに世界に広がっていく。移民で出生率が上がったドイツ、「親になれない」フランスの若者、数よりも子育ての「質」が議論されるイギリス…。新たな課題に直面する欧州各国の動きを学び、日本が進む道を探る。

目次

第1章 なぜ少子化は問題なのか
第2章 フランス―優等生であり続けるのか
第3章 ドイツ―超低出生率から抜け出すのか
第4章 イギリス・スウェーデン―「少子化」から「子育ての質」へ
第5章 「選択」される子育て
第6章 日本の誤解と失敗
第7章 少子化する世界でどう生きるか

おすすめコメント

フランスの出生率が減少している。移民、失業、学業の長期化……と新たな課題に直面している欧州各国から「少子化」への向き合い方を学ぶ。

著者紹介

村上 芽 (ムラカミ メグム)  
京都大学法学部卒業後、日本興業銀行(現・みずほ銀行)を経て2003年より株式会社日本総合研究所。現在、創発戦略センターシニアマネジャー。専門分野は気候変動と金融、SDGs、子どもの参加論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)