• 本

移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線

角川新書 K−259

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-04-082291-4
4-04-082291-9
税込価格 1,012円
頁数・縦 303P 18cm

商品内容

要旨

改正入管法が施行され、「移民元年」を迎えた日本。その陰で食い物にされる外国人たち。コンビニ「24時間営業」や「398円弁当」が象徴する日本人の便利で安価な暮らしを最底辺で支える奴隷労働の実態に迫る。

目次

第1章 「朝日新聞」が隠すベトナム人留学生の違法就労
第2章 「便利で安価な暮らし」を支える彼らの素顔
第3章 「日本語学校」を覆う深い闇
第4章 「日本語教師」というブラック労働
第5章 「留学生で町おこし」という幻想
第6章 ベトナム「留学ブーム」の正体
第7章 「幸せの国」からやってきた不幸な若者たち
第8章 誰がブータン人留学生を殺したのか
第9章 政官財の利権と移民クライシス

おすすめコメント

日本の移民政策が大きく変わる2019年4月。知られざる底辺労働の最前線経済界の人手不足の声を背景に外国人を受け入れる日本は、すでに世界4位の”移民”大国だ。そして2019年4月入管法改正。私たちの暮らしはどうなるのか。最下層労働の現場を丹念に取材した渾身のルポタージュ。

著者紹介

出井 康博 (イデイ ヤスヒロ)  
1965年、岡山県生まれ。ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒業。英字紙『日経ウィークリー』記者、米国黒人問題専門のシンクタンク「政治経済研究ジョイント・センター」(ワシントンDC)客員研究員を経てフリー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)