• 本

友情について 僕と豊島昭彦君の44年

出版社名 講談社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-06-515111-2
4-06-515111-2
税込価格 1,728円
頁数・縦 270P 20cm

商品内容

要旨

「豊島、一緒に本を作ろう。君の体験という財産を、後の人たちのために遺すんだ」会社の破綻、理不尽な上司、リストラや出世、転職、家族、友人、病…。人生とは何か。余命を意識したとき、人は何を思うのか―前代未聞の緊急出版プロジェクトが始まった。

目次

1 友情(豊島昭彦君
突然の告知)
2 礎の時代(少年時代
浦高生
大学生)
3 疾風怒涛(日本債券信用銀行
経営破綻
再出発
堪忍袋)
4 灯火(転職はしたけれど
挫けない人)

著者紹介

佐藤 優 (サトウ マサル)  
1960年東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア日本国大使館勤務などを経て、本省国際情報局分析第一課に配属。主任分析官として対ロシア外交の分野で活躍した。2005年に著した『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』で鮮烈デビューを飾り、翌2006年の『自壊する帝国』(いずれも新潮社)で大宅壮一ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)