• 本

源九郎仇討ち始末

双葉文庫 と−12−56 はぐれ長屋の用心棒

出版社名 双葉社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-575-66940-4
4-575-66940-7
税込価格 662円
頁数・縦 274P 15cm

商品内容

要旨

はぐれ長屋を訪ねてきた若い娘と、その弟が三人の武士に襲われた。危うく難を逃れた二人から源九郎は仇討ちのための剣術指南を懇願される。何者かに斬殺された姉弟の父は、若き日に鏡心明智流の士学館で共に剣の修行に励んだ旧友であった。源九郎は長屋に居を移した二人に稽古をつけつつ、仲間たちの協力をえて下手人の捜索に乗りだす。大人気シリーズ第四十五弾!

出版社・メーカーコメント

夜になると、僕は化け物になる。寝ていても座っていても立っていても、それは深夜に突然やってくる。ある日、化け物になった僕は、忘れ物をとりに夜の学校へと忍びこんだ。誰もいない、と思っていた夜の教室。だけどそこには、なぜかクラスメイトの矢野さつきがいて――。280万部超の青春小説『君の膵臓をたべたい』の著者、住野よるの三作目が待望の文庫化!!

著者紹介

鳥羽 亮 (トバ リョウ)  
1946年埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業。90年『剣の道殺人事件』で第36回江戸川乱歩賞を受賞。自らの剣道体験をもとに、剣豪小説の第一人者となる。著作は200冊を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)