• 本

世にも美しき数学者たちの日常

出版社名 幻冬舎
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-344-03450-1
4-344-03450-3
税込価格 1,540円
頁数・縦 310P 19cm

商品内容

要旨

7人の数学者と、4人の数学マニアを通して、その未知なる世界に触れる!

目次

美しき数学者たち その1(数学者に初めて出会った日―黒川信重先生(東京工業大学名誉教授)
問題を解くことではなく、作ることが大事―黒川信重先生(東京工業大学名誉教授)
数学について勉強することは、人間について勉強すること―加藤文元先生(東京工業大学教授)
芸術に近いかもしれない―千葉逸人先生(東北大学教授))
在野の探究者たち(日常と数学、二つの世界―堀口智之先生(数学教室講師)
お笑いのネタが、真理に届く―タカタ先生(芸人)
ここまで好きになるとは思ってなかった―松中宏樹先生(数学教室講師)、ゼータ兄貴(中学生))
美しき数学者たち その2(数学は嫌いになるはずがない、自分そのものなんだから―津田一郎先生(中部大学教授)
ちょっと、修行みたいなところがあります―渕野昌先生(神戸大学教授)
『数学とはこれである』と線引きをしてはいけないんじゃないか―阿原一志先生(明治大学教授)
頑張っても、そこには何もなかった―高瀬正仁先生(数学者・数学史家)
世にも美しき数学者たちの日常―黒川重信先生、黒川栄子さん、黒川陽子さん)

おすすめコメント

「リーマン予想」「ラングラン予想」……。何百年も解かれていない問題を解くことに、人生を賭ける人たちがいる。そして、何百年も解けない問題を”作る”ことに夢中になる人たちがいる。そして、数式が”文章”のように見える人たちがいる。数学者だ。 「紙とペンさえあれば、何時間でも数式を書いて過ごせる」「楽しみは、“写経”のかわりに『写数式』」「数学を知ることは人生を知ること」「問題と一緒に“暮らす”ことから始まる」「味噌汁も数学のテーマになる」「芸術に近いかもしれない」「数学は、宇宙がなくなっても残るもの」「数式は、世界共通の言語」「歩く姿を後ろから見ても、数学者だとわかる」「心は数学だ」「エレガントな解答を求められる」「数学の全体が矛盾していないということを、数学的に証明することはできない」「人工知能に数学はできない」「音楽と数学はつながっている」「数学を絵にしてみた」「今の数学は冬景色だ」「中学生のときに、数学に情緒があると知った」 類まれなる優秀な頭脳を持ち、難解な名言を次々に繰り出す数学の探究者たち――。ときに芸術家のごとく「美」にこだわる数学者たちを、愛に溢れた目線で、描き尽くす! 黒川信重先生、加藤文元先生、千葉逸人先生、津田一郎先生、渕野昌先生、阿原一志先生、高瀬正仁先生など日本を代表する数学者のほか、数学教室の先生、お笑い芸人、天才中学生まで――7人の数学者と、4人の数学マニアを通して、その未知なる世界に触れる!

著者紹介

二宮 敦人 (ニノミヤ アツト)  
1985年東京都生まれ。一橋大学経済学部卒業。2009年に『!』(アルファポリス)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)