• 本

おもてなしのシンプルフレンチ パリのキッチンから届いた

出版社名 世界文化社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-418-19310-3
4-418-19310-3
税込価格 2,200円
頁数・縦 167P 26cm

商品内容

要旨

『家庭画報』の人気料理連載が1冊に!フランス人に長く愛されるビストロ&家庭料理のお洒落なレシピ75品。

目次

1 フランス人が愛する家庭料理(トマト
アスパラガス
ベルギーチコリ
きのこ
ポタージュ ほか)
2 パリ風おもてなしのひと皿(オマール海老
キャビア
黒トリュフ
デザート)

おすすめコメント

パリのミシュラン三つ星レストラン「アルページュ」で副料理長を務め、その後出張料理人として活躍し、話題を集めた狐野扶実子さんのレシピ本。無駄を削ぎ落としたシンプルな調理、洗練された美しい盛り付けが特徴の狐野さんの料理レシピが全75品。おもてなし料理としてはもちろん、日々の食卓にもふさわしい料理も多数掲載しています。食材についての料理エッセイも充実しています。

著者紹介

狐野 扶実子 (コノ フミコ)  
東京都生まれ。1997年にパリの名門料理学校「ル・コルドン・ブルー」を首席で卒業。ミシュランの三つ星レストラン「アルページュ」に入り、シェフのアラン・パッサール氏に師事し、スーシェフを務める。その後、出張料理人として独立、世界中を飛び回り、VIPたちをうならせた。2005年、パリの老舗「フォション」で初の女性・東洋人のエグゼクティブシェフに就任する。現在は東京とパリを行き来しながら、レストランや国際線機内食のメニュー開発に携わるなど、料理プロデューサー・食ジャーナリストとして活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)