• 本

五木寛之の金沢さんぽ

講談社文庫 い1−84

出版社名 講談社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-06-515366-6
4-06-515366-2
税込価格 704円
頁数・縦 284P 15cm
エラー│全国書店ネットワーク e-hon

お探しのページを表示できません。

何らかの理由でページを正しく表示できませんでした。大変申し訳ございません。
サイトが混み合っているか、お探しの情報が移動・終了した可能性がございます。
通信エラーの場合は、再度ブラウザを読み込んでみてください。

商品内容

要旨

“もう一つの故郷”兼六園や犀川・浅野川、内灘など伝統の街の陰影を描く。/ほかに、街並や名所を語る“古い街、新しい風”、地元の三文豪に触れる“ふりむけば鏡花”、歴史や地名を説く“加賀百万石の面影”、能登や富山の旅にも話しが及ぶ“北陸ひとり旅”―情緒、歴史、街並、文芸、旅に触れる金沢案内エッセイ!

目次

もう一つの故郷(わが金沢
古い街の新しい朝 ほか)
古い街、新しい風(金沢主計町の名なし坂
暖冬や北前船の夢のあと ほか)
ふりむけば鏡花(風に吹かれて北陸路
金沢での四方山ばなし ほか)
加賀百万石の面影(金沢は御堂を中心にして生まれた寺内町
砂金洗いの沢から「金沢」に ほか)
北陸ひとり旅(秋ふかし北陸路の休日
びっくり本線日本海 ほか)

著者紹介

五木 寛之 (イツキ ヒロユキ)  
1932年福岡県生まれ。戦後朝鮮半島から引き揚げる。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。’66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、’67年『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞、’76年『青春の門』で吉川英治文学賞を受賞。’81年から龍谷大学の聴講生となり仏教史を学ぶ。ニューヨークで発売された『TARIKI』は2001年度「BOOK OF THE YEAR」(スピリチュアル部門銅賞)に選ばれた。また’02年度第50回菊池寛賞、’09年、NHK放送文化賞、’10年、長編小説『親鸞』で第64回毎日出版文化賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)