• 本

良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方

改訂新版

出版社名 技術評論社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-297-10326-2
4-297-10326-5
税込価格 2,618円
頁数・縦 254P 21cm
シリーズ名 良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方

商品内容

要旨

「安全」で「円滑」な運営のためのガイドブック。規約の中身はサービスそのもの!作りこめば作りこむほど、あなたのサービスやアプリの質も高まる。ロングセラーが大幅リニューアル!

目次

第1章 3大ドキュメント超入門(5つの疑問から読み解く「利用規約」ホントのところ
最低限おさえておくべき「プライバシーポリシー」のポイント
通信販売に不可欠な「特定商取引法に基づく表示」)
第2章 トラブルを回避するための注意点と対処法(ある起業家から弁護士への相談
規制とうまくつきあうには
戦う土俵は「日本」とは限らない―準拠法と裁判管轄の合意
そのサービス名、使って大丈夫ですか?―商標権の侵害
ユーザーがコンテンツをアップする場合の「権利処理」
広告メールを送付する際に注意すべきこと
役に立たない利用規約を生み出す「5つの落とし穴」)
第3章 すぐに使えて応用できるひな形(利用規約のひな形
プライバシーポリシーのひな形
特定商取引法に基づく表示のひな形)
特別付録 ひな形英文訳

おすすめコメント

ウェブサービスに欠かせない「利用規約」「プライバシーポリシー」「特定商取引に基づく表示」の3大ドキュメントがこの一冊でわかる!2013年発売以来、好評を博した本書が大幅リニューアル。民法・個人情報保護法などの法改正対応、新たなCtoCサービスにおける決済の解説etc., 最新動向をふまえてアップデート。改良版ひな形と英文訳の掲載、さらにダウンロードサービスまで「役立つ」「使える」大充実の1冊。

著者紹介

雨宮 美季 (アメミヤ ミキ)  
AZX Professionals Groupパートナー弁護士。2001年弁護士登録。司法研修中から創業に関わっていたITベンチャーに社内弁護士として参画し、ECサイトの立ち上げなどに関わる。2002年6月にAZX Professionals Groupに入所。ベンチャーをクライアントとする各種契約書、利用規約等のレビューおよび作成、ビジネススキームの適法性の検討などの経験を積み、2008年9月、パートナー就任。KDDI∞Labo社外アドバイザー。起業家・ベンチャー関係者向けに、利用規約、プライバシーポリシー、サービスの適法性などに関するセミナー・執筆などを数多く行っている
片岡 玄一 (カタオカ ゲンイチ)  
ブログ『企業法務について』管理人。SIer、移動体通信キャリア、ソフトウェアベンチャーなどを経て、現在は株式会社トクバイで法務を担当。ウエブサービス事業会社をはじめとした複数の会社での法務経験やiOS・Windows向けアプリの開発経験を活かし、エンジニアと法務の架け橋になるべく日々鍛錬中
橋詰 卓司 (ハシズメ タクジ)  
弁護士ドットコムクラウドサイン事業部「サインのリ・デザイン」編集長。電気通信業、人材サービス業、ウエブサービス業ベンチャー、そしてスマホエンターテインメントサービス業と、上場・非上場問わず大小様々な企業で法務を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)