• 本

多文化社会の社会教育 公民館・図書館・博物館がつくる「安心の居場所」

出版社名 明石書店
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-7503-4809-4
4-7503-4809-0
税込価格 2,750円
頁数・縦 203P 21cm

商品内容

目次

第1部 日本の外国人集住地域の「安心の居場所」(協働・共創を支える「安心の居場所」―内発的社会統合政策を拓く
地方都市部の社会教育ならびに施設における多文化共生活動―静岡県磐田市南御厨地区を事例として)
第2部 居場所としての公民館(多文化社会における公民館の役割 難民申請者と地域住民の交流―埼玉県川口市の住民の取り組みを事例に
二つの法体系が支える韓国の地域学習施設―光州広域市における「教育」と「支援」の連携事例を中心に
成人移民へフィンランド語教育を提供する公共施設―地域社会とのかかわりと学習以外の機能にも着目して)
第3部 本から広がる図書館の取り組み(日本の多文化都市における図書館の取り組み―「多文化サービス」のあゆみと「安心の居場所」であるための提言
多民族国家シンガポールを支える図書館―国民統合と多民族共生
移民・難民のくらしに寄り添う公共図書館―デンマークにおける取り組みに着目して)
第4部 見て聞いて触って学ぶ博物館の役割(学校と博物館の連携の可能性―先住民族について学ぶ「国立アイヌ民族博物館」設立を受けて
文化の由来を知る―「順益台湾原住民博物館」が担う社会的包摂機能
ニュージーランドにおける太平洋諸島移民の文化的学習―博物館を中心に)

著者紹介

渡辺 幸倫 (ワタナベ ユキノリ)  
相模女子大学教授。早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学。大東文化大学非常勤講師、立教大学兼任講師などを経て、現職。専門は多文化教育、言語教育(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)