• 本

イチローに糸井重里が聞く

朝日文庫 い76−2

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-02-261974-7
4-02-261974-0
税込価格 648円
頁数・縦 218P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

一本ヒットを打つと飛びあがるほどうれしい…。そんなそぶりを見せないイチローが本音を語る。細いバット、神経が通るグラブを使った理由。「お金とは?」の質問に答えた少年時代のコンプレックス。その他、「五十一個のイチロー哲学」「糸井重里からイチローへの手紙」など。

おすすめコメント

一本ヒットを打つと飛びあがるほどうれしい……。普段はそんなそぶりを一切見せないイチローが、本音を語る。ヒットを打つことの難しさ。細いバット、神経が通るグラブを使った理由。「お金とは?」の質問に答えた、少年時代のコンプレックス。その他、「五十一個のイチロー哲学」「糸井重里から、イチローへの手紙」なども収録! イチローが、バッティング理論だけでなく、人生観を、野球を知らない初心者にも分かりやすく語る。 例えば、道具へのこだわり。道具係に任せずに、自分で丁寧にグラブを手入れしながら使うのは、練習したことを「体に記憶させるため」だから。太いバットだとヒットが打てるのは「勘違い」だと断言。「太いと当たってはいけない場所に当たる」可能性があり、そのぶんミスショットが増えるのだという。 スランプを脱出するきっかけは、ホームランやヒットを打つことでもなく「セカンドゴロ」だったそうで、「凡打をして、その凡打の理由が分かったとき」の感覚こそ大切だそうだ。 また、糸井重里の「お金ってなんですか?」の質問に対して、しばし沈黙したイチローは、少年時代にすごく小さい家に暮らしており、ともだちを呼ぶことさえできなかったエピソードを語る。あの家で育ったことは「神様のプレゼント」であり、何十億もらおうと「千円は千円」という金銭哲学も披露する。