• 本

世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法

ブルーバックス B−2089

出版社名 講談社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-06-515214-0
4-06-515214-3
税込価格 1,296円
頁数・縦 285P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

99%の日本人ゴルファーが間違ったスイングをしている!世界標準で打てば、飛距離が伸びる!まっすぐ飛ぶ!スコアも劇的に縮む!解説動画付きで、「最速で結果が出る」トレーニング法を徹底伝授。

目次

はじめに―世界のトッププロが実践する「最良のスイング」とは?
プロローグ―「スイングのバイブル」との出会い
第1章 間違いだらけの“ジャパニーズ・ゴルフ”―世界標準のスイング理論とは?
第2章 世界標準のグリップ―「すっぽ抜ける」ように柔らかく握る
第3章 世界標準のアドレス―スイングの土台をつくる重要プロセス
第4章 世界標準のアライメント―スイングに影響を及ぼす重要ポイント
第5章 世界標準の始動とテイクバック―トップはつくらず、ねじるだけ
第6章 世界標準のスイング1―回転軸のつくり方と切り返しのテクニック
第7章 世界標準のスイング2―成否を分ける最重要ポイントはどこか
第8章 世界標準のフィニッシュ―振り終えたクラブは地面と平行に
第9章 世界標準のスイングが身につくトレーニングドリル―解説動画付き

おすすめコメント

日本人の95%は間違ったスイングをしている!まっすぐ飛び、飛距離が伸び、ケガをしないスイングとは?大人気メソッド初の書籍化!

著者紹介

板橋 繁 (イタバシ シゲル)  
Gold One Golf Schoolディレクターオブゴルフ。全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部(USGTF JAPAN)主席試験官。1967年生まれ。日本体育大学大学院体育学修士課程修了。専門はトレーニング論と身体動作学。日体大ゴルフ部時代は、同期の伊澤利光プロとともに活躍。卒業後は日体大ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務し、オリンピック選手とプロゴルファーのトレーニングを指導。日体大ゴルフ部男子部コーチ・女子部監督に就任、細川和彦プロや平塚哲二プロを指導する。1995年に渡豪し、ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。2002年からは、豪州のトッププロ養成学校A Game Golf Academy日本人担当コーチを務めた。運動力学を主体にしたコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)