• 本

リベラリズムの系譜学 法の支配と民主主義は「自由」に何をもたらすか

出版社名 みすず書房
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-622-08792-2
4-622-08792-8
税込価格 4,180円
頁数・縦 257,8P 20cm

商品内容

要旨

二千年以上にわたりつづけてきた「リベラリズム」という運動を、私たちは後世に託しつづけられるのか?哲学者たちの議論から、これからの「自由」を考えよう。

目次

第1章 法の支配(「法の支配」の必要性
自然法の歴史
自然権と統治の正当性―ホッブズの『リヴァイアサン』
権力分立と議会政治―ロックの『統治二論』
法的保護と寛容さ―ロック、ヴォルテール、モンテスキュー)
第2章 民主主義とリベラリズム(社会を担う「自由な個人」―ルソーの社会契約論
自由な個人と「なる」ために―ヘーゲルによるルソー批判
多数派の専制がない民主主義の可能性―J・S・ミルの社会理論
二つの自由主義―バーリンの思想
リベラリズムと公共性)
第3章 正義・善・幸福(ロールズの政治的リベラリズム
ロールズへの批判―リベラリズムのその後
政治哲学としてのコミュニタリアニズム
ノージックのリバタリアニズム)
第4章 「自由」と「合理性」の限界とその先へ(潜在可能性―センのケイパビリティアプローチ
熟議の難しさ―理性の限界
よりよい自由へと誘導してあげる―リバタリアン・パターナリズム
リベラリズムと合理主義―法の「理」と、政治の「意」)

著者紹介

中村 隆文 (ナカムラ タカフミ)  
1974年生まれ。千葉大学大学院社会文化科学研究科博士課程修了。千葉大学非常勤講師、鹿児島工業高等専門学校専任講師、同准教授、釧路公立大学経済学部准教授を経て、2019年4月より神奈川大学外国語学部准教授。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)