• 本

1964東京五輪ユニフォームの謎 消された歴史と太陽の赤

光文社新書 1001

出版社名 光文社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-334-04408-4
4-334-04408-5
税込価格 968円
頁数・縦 283P 図版16P 18cm

商品内容

要旨

お揃いの真っ赤なブレザーと白のスラックスで行進をする日本選手団の姿は、一九六四年の東京オリンピックの象徴的場面の一つとして、世代を超え、今でも、広く知られている。この「日の丸カラー」の開会式用ユニフォームは誰がどのような思いを込めてデザインしたものだったろうか?本書では、書き変えられ、忘れ去られてきたこのユニフォーム誕生の歴史を豊富な史料と取材に基づいて紐解いてゆく。さらに、日本の開会式用ユニフォームのその後の変遷にも光をあて、「日の丸カラー」の継承、迷走、回帰の詳細を多面的に掘り下げていく。二〇二〇年に迫った二回目の東京オリンピックを見据えながら。

目次

前史―戦前の開会式用ユニフォーム
第1部 1964東京五輪の選手団公式服装(「日の丸カラー」の選手団公式服装が誕生するまで
俗説の検証(1)―「石津デザイン説」の妥当性
俗説の検証(2)―「石津デザイン説」の拡散
対談(1)歴史を明らかにするということ×角田奈歩(服飾史・商業史研究者))
第2部 「日の丸カラー」の継承、迷走、そして回帰(「ナショナルカラー」の開会式用ユニフォームの系譜
レインボーカラーのマントとは何だったのか?―シドニーオリンピックの開会式用ユニフォーム
デザイナーの個性は必要か?―高田賢三が手がけたアテネオリンピックの開会式用ユニフォーム
スポーツ用品メーカーによる開会式用ユニフォーム
「日の丸カラー」への回帰
対談(2)開会式用ユニフォームのあり方を考える×蘆田裕史(批評家))

おすすめコメント

1964年の東京オリンピック、開会式で行進する日本選手団の真紅のブレザーは多くの人の目に焼き付いているだろう。しかし、このデザイナーを知る人は、どれだけいるだろうか? おそらく多くの人は某著名デザイナーの名前を思い浮かべるに違いないが、その人物がタッチしていないことは明らかになっている。真のデザイナーは、現在ほぼ無名のテイラーだった。なぜこのようなすり替えが起こったのか? 気鋭の服飾史家が、膨大な資料と取材を基に、このデザイナーすり替え問題の謎を解くとともに、歴史史料の取り扱いや解釈の問題へと踏み込んでいく、異色の近現代史読み物。

著者紹介

安城 寿子 (アンジョウ ヒサコ)  
1977年東京生まれ。服飾史家。阪南大学流通学部専任講師。JOA(日本オリンピック・アカデミー)会員。学習院大学文学部哲学科卒。お茶の水女子大学大学院人間文化研究科比較社会文化学専攻博士後期課程単位取得満期退学。博士(学術)。専門は日本の洋装化の歴史研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)