• 本

教育と愛国 誰が教室を窒息させるのか

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-00-061343-9
4-00-061343-X
税込価格 1,870円
頁数・縦 180P 19cm

商品内容

要旨

「反日教科書の採用を即刻中止せよ」、学校に押し寄せる抗議ハガキ。近年、道徳や歴史教育をめぐり、ときにソフトに、あからさまに、現場に圧力がかかっている。2017年度ギャラクシー賞大賞を受賞した番組『教育と愛国―教科書でいま何が起きているのか』(「映像」シリーズの1作)に、毎日放送の地元・大阪を震源とする教育行政の変質・荒廃など、多くの取材成果を盛り込み書籍化。揺れ動く2000年代日本の貴重な記録。

目次

1 新たな/継続する「教科書問題」(戦後初の道徳教科書と検定制度
歴史教科書をめぐる攻防―1990年代末〜2000年代
新たな/継続する潮流)
2 先鋭化する“政治と教育”―大阪でいま起こっていること(大阪の「教育基本条例案」とアメリカ流教育改革
君が代「口元チェック」と「マネジメント」強化
変質した教育委員会と教師の締めつけ
前川喜平氏が語る政治と教育の攻防
大阪らしい教育から民主主義教育へ)

おすすめコメント

「教科書採用を中止せよ」、学校に押し寄せる抗議ハガキ。道徳や歴史教育をめぐり、現場に圧力がかかっている背景は? 2017年ギャラクシー賞大賞を受賞した番組に、地元・大阪の教育行政の荒廃など多くの取材成果を盛り込み書籍化。

著者紹介

斉加 尚代 (サイカ ヒサヨ)  
1987年毎日放送入社。報道記者などを経て2015年からドキュメンタリー担当ディレクター。企画・担当した主な番組に『映像’17沖縄さまよう木霊―基地反対運動の素顔』(2017年1月、平成29年民間放送連盟賞テレビ報道部門優秀賞ほか)など。『映像’17教育と愛国―教科書でいま何が起きているのか』(2017年7月)は第55回ギャラクシー賞テレビ部門大賞を受賞。また個人として「放送ウーマン賞2018」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)