• 本

生命(いのち)燃ゆ

改版

角川文庫 た13−34

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-04-107406-0
4-04-107406-1
税込価格 924円
頁数・縦 430P 15cm
シリーズ名 生命燃ゆ

商品内容

要旨

世界的規模の石油化学コンビナート建設を進める昭栄化学工業。コンピュータ・コントロール・システムを担う柿崎仁は、完全制御の技術開発の命を受けた。持ち前の熱意と行動力で、画期的な業績をあげるが、その矢先、柿崎の重篤な病が発覚。中国大慶との技術交流も行うが、病魔には勝てず、45歳の若さで逝ってしまう―。多くのプロジェクトを完遂しながらも、白血病に冒されて散った技術者を、感動的に描いた長編経済小説。

おすすめコメント

末練はあるが、悔いはない――。45歳の若さで逝った男の生き様を描く。大分での巨大石油化学コンビナート建設及び完全制御、中国の大慶との技術交流――。多くのプロジェクトを完成し、45歳で白血病に冒されて散ったエンジニアの生涯を描いた感動の長篇。

著者紹介

高杉 良 (タカスギ リョウ)  
作家。1939年東京生まれ。専門紙記者・編集長を経て、75年『虚構の城』でデビュー。以後、綿密な取材に裏打ちされた企業・経済小説を次々に発表。97年、『金融腐蝕列島』で銀行不祥事を暴き、続く『呪縛 金融腐蝕列島2』は映画化されるなど、『再生 続・金融腐蝕列島』『混沌 新・金融腐蝕列島』『消失 金融腐蝕列島・完結編』に至るシリーズはベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)