• 本

宮廷神官物語 6

角川文庫 え9−22

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-04-107415-2
4-04-107415-0
税込価格 638円
頁数・縦 226P 15cm
シリーズ名 宮廷神官物語

商品内容

要旨

宮中に正月が訪れた。帰る家のない天青だが、鶏冠や曹鉄らと楽しく過ごす。そして現国王は、藍晶王子の王位継承権を明らかにすべく、立太子礼を行うと決定。しかし世継の証となる宝剣は行方知れず。藍晶は代わりの証を得るため、天青らを連れて神秘の孤島を目指す。荒れる海を超え、霧の島へ辿り着いた一行。藍晶は試練に打ち勝てるのか。そして判明する衝撃の事実とは。冒険心がうずきだす、傑作アジアン・ファンタジー第6弾。

おすすめコメント

いざゆかん、冒険の旅へ……! 謎めいた霧の島で待ち受ける試練とは!?宮廷に戻った天青は、鶏冠らと楽しい正月を過ごす。正月明け、王は世継ぎの藍晶王子に、王位継承を認める儀式を行うと告げる。未来の王たる証を得るよう言い渡された王子は、天青らを連れて旅に出るが……。

著者紹介

榎田 ユウリ (エダ ユウリ)  
東京都出身。榎田尤利名義でも著作多数。巧みなストーリーテリングと、魅力的なキャラクター描写で、多くの読者を魅了している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)