• 本

丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。 4

角川文庫 た81−4

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-04-108051-1
4-04-108051-7
税込価格 660円
頁数・縦 269P 15cm
シリーズ名 丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。

商品内容

要旨

社会人2年目の新垣澪は、イケメンドSの上司、長崎次郎と、訳アリ物件の調査に日々奮闘中。ある日、先輩の高木が困った様子で言った。「後輩が憑かれてるんじゃないか」と。聞けば、超優秀な溝口晃というSEに、妖しい気配を感じるという。なんと彼は大のオカルト好きで、事故物件に好んで住んでいるらしい。しかし澪は初対面で、子犬系の人懐こい晃の背に、禍々しい大量の怨霊を見てしまい…。オカルトお仕事物語第4弾!

おすすめコメント

超優秀な子犬系SEは、「事故物件に住んでみる」系トンデモ社員!?人より強めの霊感で、訳アリ物件の調査に日々奮闘中の澪。先輩の高木から「後輩が憑かれているかも」と聞いた澪は、その後輩と出会う。超優秀なSEだが、彼は霊に会うため、複数の事故物件に住んでいて…。

著者紹介

竹村 優希 (タケムラ ユキ)  
山口県出身。小説投稿サイトから人気に火が付き、現在もエブリスタにて作品を連載中。2011年『シミ。〜純愛、浮気、未練、傷跡』(宝島社)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)