• 本

芸と道

角川ソフィア文庫 L−500−9 千夜千冊エディション

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-04-400359-3
4-04-400359-9
税込価格 1,408円
頁数・縦 396P 15cm

商品内容

目次

第1章 世阿弥に始まる(世阿弥『風姿花伝』一一八夜
観世寿夫『世阿弥を読む』一三〇六夜 ほか)
第2章 芸能と音曲(林屋辰三郎『歌舞伎以前』四八一夜
兵藤裕己『琵琶法師』一六三三夜 ほか)
第3章 芸道談義(有吉佐和子『一の糸』三〇一夜
安藤鶴夫『文楽 芸と人』五一〇夜 ほか)
第4章 寄席や役者や(馬場孤蝶『明治の東京』一二〇夜
小島政二郎『円朝』七八七夜 ほか)

おすすめコメント

本は遊びたがっている。知はつながりたがっている。これは文庫革命だ!世阿弥、円朝、森繁、山崎努――人間の弱さが芸でっせ。この一冊に、極め付け芸道名人たちの「間」が却来する。

著者紹介

松岡 正剛 (マツオカ セイゴウ)  
編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。日本文化、芸術、生命哲学、システム工学など多方面におよぶ研究を情報文化技術に応用する「編集工学」を確立。また日本文化研究の第一人者として「日本という方法」を提唱し独自の日本論を展開している。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)