• 本

富士山 信仰と表象の文化史

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-7664-2542-0
4-7664-2542-1
税込価格 4,860円
頁数・縦 332,30P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

日本最高峰の霊山はなぜ、「信仰の対象と芸術の源泉」なのか。その山容に日本人は、そして外国人は何を見てきたのか。文献調査、フィールドワーク、インタビューからその多層的・複合的な姿を明らかにする。

目次

第1部 富士山の自然と文化(荒ぶる山
美しき山
修行の山)
第2部 信仰の対象としての富士山(富士講の開祖
富士講の中興
富士講の教え
富士詣で
象られた富士山)
第3部 芸術の源泉としての富士山(浮世絵に見られる富士山
海を渡った浮世絵
近代日本のアイデンティティとしての富士山)
第4部 近現代日本の富士山信仰(近代化と富士講
富士山と新宗教
現代日本の富士山信仰と実践に関する調査)
第5部 富士山とプロパガンダ(戦争と平和
富士山の将来像)

おすすめコメント

本書では、日本最古の書物におけるイメージからはじまり、宗教的、愛国的、商業的象徴へと変化してきた「表象としての富士山」の複雑性をひも解いていく。

著者紹介

エアハート,H.バイロン (エアハート,H.バイロン)   Earhart,H.Byron
ウェスタンミシガン大学名誉教授。1935年生まれ。コロンビア大、東北大に学び、シカゴ大学大学院にて宗教史博士号取得。専門は比較宗教・日本宗教
宮家 準 (ミヤケ ヒトシ)  
慶應義塾大学名誉教授、日本山岳修験学会名誉会長
井上 卓哉 (イノウエ タクヤ)  
富士市役所文化振興課学芸員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)